ダブルワーク、高収入におすすめ看護師夜勤バイト

看護師 夜勤バイト おすすめ求人

看護師夜勤バイト業務

夜勤バイト・夜勤専従

寝当直 看護師 夜勤バイトって本当に寝れるの?

投稿日:

本当に寝れる?看護師 寝当直バイト

寝られる夜勤バイト、寝当直バイトの看護師求人について情報収集をされている看護師さんもいらっしゃると思います。
きつい看護師の夜勤バイトの中で、体力的に楽な夜勤バイトとなるため人気の高い働き方となっているのが、看護師の寝当直バイトです。
「 寝当直なのでWワークでの勤務もOK」
「寝当直に近い勤務内容」
といった求人を見ることがあります。
夜勤時のルーチン業務を終えた後は、何かあった際に対応する必要はありますが、何も無い場合にはそのまま早朝業務まで寝ていることが可能です。
体力的に楽な夜勤バイトとして、ダブルワークなどにも人気が高い働き方となっています。

看護師 寝当直バイトの睡眠時間

実際に寝当直バイトとして勤務する場合、仮眠時間の長さは職場の業務内容、コール対応の状況などによって異なりますが、休憩・仮眠と合わせ睡眠時間としては6時間以上は確保できる職場が多いようです。

消灯時間は午後9時、午後10時の病院や有床クリニックが多いと思います。

消灯後はコール対応、定められた時間のラウンドとなります。

寝当直が前提となるほど容態が安定した患者様が多かったり、要介護度の低い入居者様が多い有料老人ホームであったり、経過観察のための入院といった有床クリニックが主な職場ですからラウンドの回数も通常の病院の夜勤よりも少ないため、仮眠時間を確保しやすいといえます。

職場によっては休憩、仮眠と合わせて6時間以上を確保できる場合もあります。

コールが全く無ければ、本当に朝まで寝ていることが出来る場合も。

訪問診療を行っている診療所のコール対応のための夜間待機などは、全く連絡が無い日もあるでしょう。

寝当直バイトとはいえ、その日の状況によって睡眠時間に差は出るものの通常の夜勤バイトよりは確実に休憩・仮眠時間は長く取れるといえます。

看護師 寝当直バイトの注意点

看護師の寝当直バイトで働く際の注意点として、次のようなことが挙げられます。

勤務先によって異なる点が多いですから、出来る限り看護師求人を紹介してくれる転職エージェントに職場の情報を確認してもらうとよろしいのではと思います。

当直(実質ほぼ寝当直)で募集されていても、忙しくなる可能性もある

求人を探していて、

「当直(実質ほぼ寝当直)です」

といった書かれ方をした看護師の夜勤バイト求人を見つけたとして、実際に働いてみたら急変があり、対応、常勤看護師への連絡、医師への連絡など、想定していた以上に忙しい夜勤になってしまって期待していた仮眠時間があまり取れなかった・・・という可能性はあります。

また、寝当直の働き方となるくらいですから、夜勤で勤務する看護師はあなた一人という可能性は高いでしょう。

一人看護師の夜勤時、それも回数が少ない職場だと普段の患者様の様子も把握しきれていないために、迅速・的確に対処が進まない可能性があります。

こうした状況になる可能性も踏まえて、寝当直バイトとなる予定であっても、緊急時、急変時に備えてのマニュアル、体制がどういったように整っているかを確認はされることをオススメします。

看護師のスキルが必要になる

基本的には、寝当直を前提としている夜勤バイトですから、急変のおそれが少なく、ルーチン業務以外は仕事がないと予想されます。

しかし、一人看護師の職場、多くても2名の看護師(職場の規模にもよりますね)で対応といった可能性が高く、何かあった際には看護師一人ひとりのスキルが必要となるかもしれません。

人数が少ないですから、1人がコール対応で不在になった時に仕事が重なると一杯一杯になってしまうかもしれません。

老健は医師がいますが、その他の介護施設などは看護師が責任者として対応するケースもあります。

寝当直バイトを前提として、スキルがあまりなくても夜勤バイトが出来る職場もありますが、念のためにどういったスキルがあれば働きやすいか、といったことも転職エージェントに確認されておくと良いかもしれません。

有床クリニックなどで経過観察の為の短期入院などで、さらに緊急時には隣に医師が住んでいてすぐに来てくれる、といった場合には夜勤経験の浅い看護師であっても大丈夫、という職場もあるかもしれません。

何かあった際に対応するるのは、夜勤に入っている看護師となりますからどういったスキル、臨床経験があると働きやすいかといったことは確認されておくと安心かと思います。

看護師の寝当直バイトは求人が少ない

看護師の寝当直バイトは体力的に楽な夜勤になりますし、日勤よりも高額給与。

万が一が起こるおそれも少ないため、常勤看護師として働く方の中には当直がある日は仕事に出たいと、夜勤を希望する方もいるでしょう。

特に有床クリニックは夜勤業務も負担が軽い寝当直となることが多いため、人気があると言えます。

そのため、求人サイトや転職エージェントを通じて募集される看護師の当直・寝当直の求人は少なめです。

有床クリニックよりは、介護施設の当直バイトといった方が求人が見つかりやすい傾向はあります。

勤務する看護師の人数が少ない

当直・ほぼ寝当直の夜勤バイトは勤務する病院、有床クリニック、介護施設の規模によりますが、多くが看護師1名体制。
2名以上のところは少ないのではないでしょうか。

有床クリニックで入院患者様が2,3名、もしくは1名といった場合にはとても楽な夜勤バイトになる可能性が高いですね。

看護師1名で数十名を担当する介護施設での夜勤バイトの場合、もしかすると仮眠時間が思ったほど取れずに、疲労感の大きな夜勤バイトになる可能性もあります。
(寝れる、と思っていたのに忙しいと気持ち的に疲労があるかもしれません)

寝当直バイトの場合、勤務する看護師の人数が少ないことが基本となりますので、事前に念のために何名体制での夜勤となるか、転職エージェントに確認をされておくことをオススメいたします。

寝当直は看護師がダブルワークしやすい働き方

看護師の寝当直バイト、特に何も対応がなければ本当に寝ることが出来ます。

とはいっても、コールがあればすぐに対応するなどは必要ですから、自宅で緊張感からすっかり解放されて眠るのとは質が違います。

しかし、それであっても通常の夜勤よりも休憩・仮眠時間が長く取れますから、体力的には楽な夜勤バイトであるといえるのではないでしょうか。

体力的に楽な夜勤バイトとなることから、ダブルワーク希望の看護師さん、通常の夜勤はキツイけれど寝当直は給料も良いし働きたい、といった看護師さんなどには特にオススメの夜勤バイトといえます。

看護師の寝当直バイトの求人情報はどこで手に入る?

こうした看護師の寝当直バイトの求人情報に関しては、

⇒ 看護師 寝当直バイトの求人情報はどこで手に入る?

でご紹介しているような看護師転職エージェントで情報収集をすることが出来ます。

看護師の夜勤バイト・夜勤専従看護師求人に強い転職エージェントとなりますので、情報収集にぜひ活用をされてみてください。

-夜勤バイト・夜勤専従
-

Copyright© 看護師 夜勤バイト おすすめ求人 , 2019 All Rights Reserved.